ホーム > 活動 > 損をする率

損をする率

実際にパソコンの前に座り、変化している市場を見ていると、何やらトレードをしなければいけないという欲求に影響される方も少なくないだろう。

 

だけど、あやふやな衝動で取引するのだけは決してしてはいけません。

 

確かに、外国為替市場は四六時中、いずれかの国の外国為替市場がやっているしマーケットも常に変動している。

 

そうであっても、闇雲にトレードをすると、それだけ損をする率が上がります。

 

確かに注文の数を積む事で、トータルで儲けられる確率か50%、50%になります。

 

しかしそれは「ぼんやりとしたインスピレーションでトレード」することとは話が異なります。

 

売買回数を積み重ねる意味というのは「ここだ!」と考える時機を持った状態での注文回数を重ねるという事を言っています。

 

ただ、のべつ幕なし売買を積むのとは異なります。

 

相場の戦いに負けないためには、白分で思案してけじめをつけることが大事です。

 

「ここだ!」と感じた市場の時には迷うことなく持っているポジションを増やして思い切り利益を追い求めます。

 

「何となく分かりにくいマーケットで、どう上下するのか考え付かないな」と感じた時は、諦めてポジションをひとつ残らず見切りをつけて何もしません。

 

このぐらいのけじめをつけた方が、結果的には取引はうまくいくものだ。

 

外国為替市場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

本当にその通りだと思います。

 

為替とは、常に売買ポジションを保有する事が大事ではなくどのポジションも所持せずじっと見ていることもFXです。

 

そうであるならば、どういう時に休むべきなのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、先に述べたように、これから先のマーケットが今ひとつ良く見えない時です。

 

これから円高になるのか、それとも円安になるのかが決断できない時は、思いつきで行動すると、自分の思った台本とは違った方向に相場が推移してしまい、損をする事になります。

 

そのため、そういった時はポジションを整理して、様子をみるのがいいでしょう。

 

第2に、己の体調がすぐれない時です。

 

体の具合と相場に何の影響も与えないと感じる人もいるでしょうが思いのほか関係がある。

 

健康状態が変な時は、外国為替相場の重要な場面で必要不可欠な判断が難しくなります。

 

気乗りがしない時は、FXから遠ざかる事も肝心な事です。

 


関連記事

  1. 市販のシェーバーで処理しています

    年間でムダ毛処理にかけるお金は多くても一万円程度だと思います。市販のシェーバーを...

  2. 損をする率

    実際にパソコンの前に座り、変化している市場を見ていると、何やらトレードをしなけれ...

  3. ご機嫌な彼氏のドライブデート

    昨日は、彼氏と一緒にドライブデートしてました。 ドライブデートの場合はだいたい二...

  4. テスト

    テスト記事です。...